竹細工の歴史と文化

竹細工とは

竹細工とは、古来より日用品を竹を使って作り、容器や楽器などを竹で作った物のことを言います。
子供のころに竹で作った水鉄砲や竹とんぼ、竹馬で遊んだ記憶がある人も日本人には多いのではないでしょうか。竹は昔も今も一般の人でも簡単に手に入れることが出来る材料として親しまれていたことから、生活の場で色々な物として活躍の場があります。

 

昔の人は竹の空洞を利用した水筒などを作って持って旅をしたり、カゴを作って物を運ぶのに利用したり、または竹が日本の昔ながらの楽器にも多く使われているなど、一般だけではなく、上流階級が楽しむ学芸にも多く使われていることが、竹がそれだけ日本人にとって馴染み深いものであることの証明でもあります。

 

竹が昔から日本人にとって馴染みのある材料であったことはこれらのことからよくわかりますが、日本だけではなく、中国にも竹を使った文化が広く普及しています。

 

中国でも古くから竹を使った道具などが生活の中に広く普及しており、日本でもそうですが、材木としての役割も持っていたことなどが歴史の中からでも読み解くことが出来ます。

 

そして近年竹細工による、生活用品を使うといった取り組みなどが新たに生まれており、エコとして効果が期待されてもきています。